« 丑三つ時回ってますね | トップページ | 今日も無駄に生きてしまいました »

2009年10月 2日 (金)

イザナギ・イザナミ神話?

やぁ、おはよう

携帯の送信履歴をさかのぼってたらまとも?に日記書いたの一ヶ月以上前でしたね、そんだけ調子悪かったのかな?

あっちょんぶりけ!

まぁそれはさておき。

久しぶりに夢を見たみたいです

もう内容がぼやけてしまったのですが
必死に内容を補完してたころは
やっぱり半分起きてたのかな?

こつし(変換出ねぇ、、、)はこうです↓

半人半妖の女性と人間の男①が登場します

もう一人、男①の遠い祖先の人間(男②)が登場します

女性と男②はかつて夫婦でしたが
今は、女性は男②を憎み
また男②は女性を忌むべき存在としか思っていません。

女性にはやはり人間とは違う姿があったからです

遠い昔男②によって忌むべき存在とされた女性は
男②を憎みその思いは同じく人にあらざる力を持った子供たちを男②への復讐へと遣わせますが
すべて男②によって倒されます

あっこの辺の過去、後付けです、多分
夢の中、されど後付け

さて本筋ですが
男①の前にある女性が現れます
過去を後付けされた前述の女性ね
女性は男②の血筋を(ひいては人間全体を?)
憎んでいるので男②を殺そうと思ってるわけです

なんですが事情を知った男②は女性を好きになってしまいます
ん〜この辺も後付けかなぁ?

とにかく
女性は男①を倒すことはできず(男②に邪魔されたのかな)

一旦逃げ出すことになります
ん、この逃げようとするシーンが夢の始まりのような気もする

片腕を後ろに締め上げられ首もアームロックされてる女性
、、、もう一方の腕の自由はなぞ

締め上げてるのは男①の知り合い?兄弟?の男、、なんとなくゲッターロボの隼人風?

あっこのシーンの場所はうちの庭です

他に何人か女性を追う役がいたみたい。

女性は捕まれてる状態からなんとか振り払い捕まえてた役の男に変身します

で本物がどっちかわからないので追う役は構わず襲いかかったみたい
女性の言葉が巧みだったからかな
ほとんどが女性じゃない方を追いかけてった

残ったのは女性(変身したまま)と男①(あ、俺ね)と引き立て役のその他男一人。

あらためて逃げ出す女性、追いかけるその他男、残ってた女性を見破ってたまではいいんだけど(この辺が引き立て役?それともただ男②の従者かなんかでそばに残ってただけ?)
捕まえてアームロックするけど逃げられる、ちゃんと落とさないから、あちなみに女性は火を操れるみたい

でやっと僕に捕まえられてアームロック
女性は「その程度はまた逃げられるぞ」炎を使って、風なことを言い、殺すなら殺せ風に言いますが
もう惚れちゃってるんで「お前の炎に焼かれるんならそれもいい」風に口説きます僕、
あ、一応主人公僕なんで。
まぁ口説くどころじゃなく相思相愛ってことに決まってるんで、僕の夢だから

女性は男①のところに身を寄せます

その他もろもろの登場人物はまだ走り回ってんじゃね?


さぁここから大人風(?)見つかったら俺も迫害される立場?なんていざ知らず
シーンは一転ベッドの上へ
うそ、布団でした
憎んでいるはずの男②の血筋、だけど男①を好きな感情
女性は綺麗だけど生まれてくる子は人の姿を保てるのかな
人の姿でなかったら男②のように心変わりしてしまわないかな自分
男②への復讐心って女性っぽいなめちゃめちゃ人間の女性っぽいな

とかいうシュンジュンしてるあいだに
火の姿になった女性が弱って小さな火になってるんでライターかマッチの火をあわせるなんてへんなこともはさみそうになり

さてまた人間の姿の女性を前にさぁこれから
だけどシュンジュン

んな感じのところで起きちゃった

おいっちょっと待ていっ!これからいいとこじゃないか〓

今まで出来ちゃった婚にすら至っていない自分のさがを覗くようだね。
書くのに2時間かかりましたとさ。

|

« 丑三つ時回ってますね | トップページ | 今日も無駄に生きてしまいました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161562/31603594

この記事へのトラックバック一覧です: イザナギ・イザナミ神話?:

« 丑三つ時回ってますね | トップページ | 今日も無駄に生きてしまいました »